ウォーキング・デッドが好きです。


バイオハザードのような強いゾンビを倒す戦士たち、というような作品ではなく、ゾンビはゆっくり迫りくる普通のゾンビしかいません。むしろこの作品の面白いところはそこではなく、生き残っている人たちの人間模様です。

生き残るために様々なコミュニティをつくり、共に困難に立ち向かっていくうちに、人が元来持っている欲であったり、本能であったりが複雑に絡みつつ、時に殺し合い、時に助け合い、理不尽に迫りくるゾンビや人間と戦っていく物語です。

原作である漫画には出てこないキャラクターや亡しているはずのキャラクターが生き残っているなど、ドラマオリジナルの要素も魅力の一つです。
リンクス池袋でひげ脱毛

カテゴリー: 未分類